更年期外来

サーミバーバナー

 

更年期かしら? / イライラする / 肩こりなどがひどい

更年期とは閉経前後の約10年間のこと。
更年期になると、急激にエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少します。
そのことで、個人差はありますが次のような様々な症状をひきおこすことがあります。

これらの心身の様々な不調を更年期障害といいます。

自立神経失調による症状

のぼせや発汗、冷え、動悸、疲労感、肩こり、めまい、睡眠障害など

精神的な症状

うつ状態、情緒不安定、イライラ、涙もろくなるなど

その他の症状

腰痛、むくみ、しびれ、乾燥感、かゆみ、排尿障害、性交障害、陰部違和感など

 

治療の流れ

カウンセリング・事前検査

問診により、現在の体の状態や症状の確認をし、検査を行います。
 
■検査内容
血液検査と子宮頸がん・子宮体がん細胞診、超音波検査を行います。

ミレーナ装着

検査から2週間前後で結果がわかり、その結果によりミレーナを装着。
 
■ミレーナ
子宮内にミレーナという黄体ホルモンを付加した器具を装着させていただきます。
乳がんの原因とされている黄体ホルモンの血中濃度はあげずに、子宮内膜の増殖を抑えることができます。
また、子宮体がんのリスクも減らすことができます。

お薬の処方

検査でホルモン療法が可能なことが確認できれば、ミレーナ装着後にエストロゲンのジェル製剤を処方。早ければ、1ヶ月程度で症状の改善を感じていただけます。
 
■ジェル製剤
内服ではなくジェル製剤のため肝臓で代謝されることがありません。中性脂肪の上昇や血栓症、肝障害などのリスクを減らせます。

 

その他の療法

不定愁訴(検査をしてもはっきりしない物を指し、疲労感・倦怠感・しびれ・頭痛・耳鳴り・のぼせ等のこと)に強い漢方療法や、ビタミン・ミネラルを各種カクテルした点滴療法も行っております。

お気軽にお問い合わせください。06-4707-7077診療時間内にお電話ください

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。