トライビームプレミアム

 

こんな悩みに効果的

  • 表在性色素性疾患
  • 深在性色素性疾患(太田母斑、異所性蒙古斑)
  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADMなど)
  • 黒色系刺青、アートメイク、外傷性刺青などの除去
  • 肝斑
  • リジュビネーション(毛穴・美顔・美肌・美白・ちりめんジワ)

 

このような方におすすめ!
肝斑が気になる方
シミ・ソバカスが気になる方
毛穴の開き、ブラックヘッドを改善したい方
刺青、アートメイクを除去したい方
お肌をトーンアップさせたい方

 

Q-YAGレーザーを照射した肌の断面図

肌の断面図
深くまで波長が届くので、やっかいな色素沈着等もメスを使わず改善ができます。
色素分解を始めたメラニンは、自然に消滅します。
「根本から消す」のがQ-YAGレーザーの特徴です。

 

Q-YAGレーザーとは…

メラニン色素等の特定の色素のみに反応し吸収される性質を持つレーザーのことです。極めて短い時間(ナノ秒)で瞬間的に深部へ高いエネルギーを与えることができるため、周囲の組織を傷つけることなく、皮膚へのダメージが最小限に抑えられます。

治療目的に応じて2種類の波長が設定できるため、浅い色素沈着(シミ・ソバカス)から深層のもの(茶あざ、青あざ、黒あざ、刺青など)まで、幅広い治療ができます。

 

トライビームプレミアムの特徴

 

レーザートーニングにおける「PTPモード」

トライビームプレミアムにはPTP モードというレーザートーニング専用のモードがあり、これはレーザーを2回に分けてほぼ同時に照射します。

この2連続照射は、通常モード1回分の照射と同じ効果を得ることができますが、照射を分割しているため肌に与える刺激は通常より少なく、治療時の痛みも軽減されます。

 

トーニングに適した高精度のトップハット型レーザー

肝斑治療には一般的にトップハット型と呼ばれるレーザーが使用されます。これは、レーザーを台形型に均一に照射することができるため、患部に過度な刺激を与えることなく肝斑治療を行うことが可能です。

しかし、このトップハット型レーザーも、メーカーや機種によりその精度が様々です。
トライビームプレミアムのTrue Flat-Topビームは、非常に均一なトップハット型の波形であり、従来のものと比べレーザー出力の強弱にほとんど差が無いためムラが無く、患部全体に最適な熱量によって、よりマイルドで安全な治療が行えます。

 

2つの波長でシミやタトゥー除去まで幅広く治療可能

トライビームプレミアムは、532nmと1064nmの2つの波長での治療が可能です。
シミ、ソバカスは532nm、太田母斑などの深在性色素性疾患や刺青、アートメイクの除去は1064nmの波長を使用し治療を行います。

そのため、短い時間照射するだけで、真皮に充分な熱量を与えつつ、正常な肌に余分なダメージを与えることなく、治療したいターゲットだけを集中して治療することができます。

レーザーによる温熱効果で皮膚のコラーゲンの生成を促し、肌のキメ、ハリ、くすみ、タイトニング、血行不良による目の下のクマ、色味のない唇などの症状を改善させることができ、肌の質感も滑らかになります。

 

レーザートーニングとは…

治療が難しかった肝斑に有効

従来のレーザーでは困難とされてきた肝斑や根深いシミ。トライビームプレミアムにはハイパワーのレーザーを安全に照射できるMultiplex-Pulse technologyという独自の機能を搭載しており、従来レーザーでは治療できないと言われていた肝斑の治療を効果的に行えるようになりました。
他社のレーザーに比べて、大きな面積に対しても短時間で、充分な熱量を与えることが出来るため、大きな範囲に対しても短時間で治療でき、レーザートーニングをより安全で効率的に行えます。

均一な肌トーンの明るい美肌に

レーザートーニングは長い波長を持ち合わせているため、真皮層にまでレーザーが届き、コラーゲンの生成を促します。
肌全体のメラニンを減らしていくので、肝斑を含むシミ以外にも、色素沈着・くすみ・開いた毛穴などの改善にも薄いシミやソバカスなどは光治療でも効果がありますが、レーザートーニングを行えば、よりはっきりと効果の実感が期待できます。

継続治療で効果アップ

レーザートーニングは肝斑の改善のみならず、表在性のシミやくすみ、炎症後色素沈着を少しずつ薄くしていきます。
治療回数を重ねる毎に、 透明感・ハリ感のあるキメの整った明るい肌へと導きます。

 

トライビームプレミアム概要

施術時間(レーザートーニングの場合)
約5~30分
カウンセリング内容・施術内容などによって時間が変わります。

 
来院目安(レーザートーニングの場合)
4~5回目くらいから肌に透明感が出てきたことを実感していただけます。一般的な目安としては、週に1回、合計5~6回程度の治療を行います。
ほとんどの方は、その経過の中で肝斑やシミが薄くなっていくのを実感されます。

 
体感
パチパチと輪ゴムではじかれたような刺激や、熱感がありますが、数時間で落ち着いてきます。(個人差があります)

 
治療後の経過(ダウンタイム)
所々小さなかさぶたや内出血が出来ることがありま。無理に剥がさず自然に取れるのをお待ちください。一時的に色素沈着が起こる可能性があります。

 
アフターケア
メイクは当日から可能ですが、できましたら赤みがひいてがおすすめです。
シャワー、洗顔、入浴も当日から可能ですが、レーザーを照射した部分は強くこすらないでください。保湿と紫外線対策に十分にご配慮下さい。

レーザートーニングは、1回で改善する治療ではなく、治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミを薄くしていく治療です。
保護テープなどを貼る必要がありませんので、治療していることを周囲の人に知られたくない方にもおすすめです。

 

お気軽にお問い合わせください。06-4707-7077診療時間内にお電話ください

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。